公的機関も注目の腸内フローラ

腸が人間の健康に大きな影響を及ぼすことがわかってきました。以前は単なる消化器官としての腸という認識でしたが、実はこの腸は人間の免疫に関して大きな働きを持つことがわかってきたのです。

 

厚生労働省が運営する生活習慣病予防のための健康情報サイトにはさまざまな健康にまつわる情報のコンテンツがありますが、その中にも、腸内常在菌と健康についての関連が記載されているページがあります。

 

人間の腸内には100兆個もの腸内常在菌がひしめいていて、その中には人間にとって良い働きをする善玉菌、悪い働きをする悪玉菌、どちらとも言えない日和見菌と大きく3つの種類に分けられます。

 

この様子を花が群れ咲くことに見立て腸内フローラと呼んでおり、この腸内フローラのバランスを保つことで、免疫力アップにもなると紹介しています。

 

厚生労働省の紹介としては、まずはしっかりと睡眠をとり、ストレスを溜めない生活を送ることが大切ですが、その上で腸内環境を整える工夫を推奨しています。

 

ヨーグルトや納豆など乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を直接とる方法です。こうした乳酸菌の仲間は腸内で善玉菌の餌となって増やしてくれるので腸内環境を整えるのに役立ってくれます。

 

次に食物繊維やオリゴ糖などの入ったバナナや野菜を食べることも推奨しています。これらの食物繊維やオリゴ糖も腸内環境を整えて善玉菌を増やすのに役立ってくれます。

 

厚生労働省ではこのような食事から腸内環境を整えることが、免疫力をアップしてさまざまな生活習慣病の予防になると推奨しています。

 

風邪をひきにくくなるだけでなく、糖尿病やメタボリックシンドロームなどのさまざまな生活習慣病の予防につなげることができるのです。