腸内細菌にはエサを

善玉菌自体を摂取することはとても大切ですが、増えた善玉菌にエサを与えることも同じくらい重要であると言えます。

 

腸内細菌も生き物ですから一種のペットだと考えるべきでしょう。もし下痢や便秘が続いているのであれば、それは善玉菌がお腹を空かせてしまっている合図かもしれません。

 

善玉菌のエサとなる栄養や食品をプレバイオティクスと呼びますが、善玉菌のためにも頑張ってプレバイオティクスを摂取するようにしましょう。

食物繊維

プレバイオティクスの代表例の一つが食物繊維です。食物繊維が腸に良いというのは皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

実は食物繊維は人間の胃酸では溶かすことができず、人間にとっての栄養素とはなりません。人間が吸収しない分腸内にまで食物繊維がしっかり届き善玉菌のエサとなるのです。

 

さらに嬉しいことに善玉菌が食物繊維を分解すると「短鎖脂肪酸」を発生させます。実はこの短鎖脂肪酸が痩せる体質に近づくためのポイントなのです。

 

また食物繊維は人間が吸収できないため腸内は食物繊維を排出しようと動き出します。これを蠕動運動(ぜんどううんどう)と言いますが、この動きによって便秘が解消される可能性があるのです。

 

緑黄色野菜や豆類海藻類に多く含まれるため、食生活に取り入れやすいのが嬉しいところです。

オリゴ糖

プレバイオティクスのもう一つの代表例がオリゴ糖です。こちらも食物繊維同様人間はほとんど吸収できないため、腸内まで腸内細菌の栄養素として届けることができます。

 

オリゴ糖をとっても太らないのは人間が吸収できないからなんですね。そしてこちらも同様に腸内細菌がオリゴ糖を分解する際に短鎖脂肪酸を発生させるため、痩せ体質に近づくには是非摂取したいところです。

 

ただネックは食物繊維ほど簡単には摂取できない点です。ゴボウや玉ねぎなどの他、ハチミツなどにも含まれますが毎日食べるものでもありませんよね。

 

なので市販のお砂糖コーナーに売っているオリゴ糖がおすすめです。コーヒーや紅茶のお砂糖代わりになりますし、面倒だったら小さいスプーンで一口パクッとたべるだけでOKです。

 

野菜はあんまり、、、甘いものはあんまり、、、と言わずにあくまでかわいいペットにエサを与えると思ってなるべく毎日摂取するように習慣づけましょう。