乳酸菌はの摂り方

腸内環境や腸内フローラを整える方法として乳酸菌の摂取を頭に浮かべた方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトや乳酸菌飲料などのCMも数多くあり、一番身近にある善玉菌と言ってもいいでしょう。

 

そのような乳酸菌に特化した食品だけでなく、色々な発酵食品にも乳酸菌は多くいますね。納豆、味噌、醤油、漬物、キムチ、チーズなどにも多くの乳酸菌が存在していて、日本人は意外と乳酸菌の摂取量は多いのです。

 

だからこそ日本人はヨーグルトや乳酸菌飲料を摂ってもあまり効果が期待できないとも言えます。

死滅する乳酸菌

実は乳酸菌を摂取することは実は非常に難しいことで、乳酸菌に限らず多くの細菌は胃酸によって死滅してしまうからです。

 

これは細菌から身体を守るための機能で、有害な細菌を体内で繁殖させないために強力な殺菌作用が胃酸にはあるからですね。また加熱によっても細菌は死んでしまいます。

 

では死滅してしまっては全く意味がないかと言うとそうではなく、死んだ乳酸菌は腸内に住んでいる善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化させる作用があります。

 

ですが普段から乳酸菌を多く摂っている日本人は、今さらヨーグルトなどで死滅してしまう乳酸菌を摂る量を増やしてもあまり効果がないというのが事実なのです。

生きて届く善玉菌

このように普段の食生活から日本人は死滅して届く乳酸菌はたくさん摂っているので、今度は生きて届く乳酸菌などの善玉菌の摂取がポイントとなります

 

それを可能にするのがサプリです。小さなカプセルに善玉菌を入れて飲むことで胃酸から菌を守ってくれるのです。むしろ今のところカプセル以外に一般的に生きて善玉菌を腸まで届ける確実な方法はありません

 

「生きて届く乳酸菌」を謳うヨーグルトもありますが、実際はかなりの数が死滅します。もし胃酸によって死滅しない細菌がいるとすれば、それは人間にとって実は恐ろしいことなんです。

 

なのでもし腸内環境を整えるために乳酸菌を摂りたいと考えるなら、サプリなどによって「生きて腸まで届く」ものを選ぶようにしましょう。