太りやすい身体に

当たり前ですがダイエットの内もっとも早く痩せる方法は極端な食事制限です。しかしもっともリバウンドしやすいダイエット法も極端な食事制限なのです。

 

というのも過度の食事制限してしまうと、身体は「このままでは痩せ細って死んでしまう」と思い危険を感じて省エネモードに突入します。この省エネモードとはまず筋肉を減らすところから始まります。

 

筋肉は使わなくても維持するだけでカロリーを消費するので、省エネの際に一番最初に痩せ細ります。そしてここが一番の問題なのです。

 

筋肉が減ると基礎代謝が落ちますから、もし以前と同じような食事に戻せば以前よりも体重は増加します。これがリバウンドの原因となってしまうのです。

 

ちなみにボクサーは断食に近い食事制限をして試合前日の計量に臨みますが、計量後に大量にものを食べて翌日の試合には5kg増量して挑む選手も多くいます。食事制限で飢えた体はカロリーの吸収力も最大限に高まってしまうのです。

腸内環境も乱れる

さらに食事を制限すると腸内の環境も悪化します。食べ物をあまり食べないと腸は活動をする必要がないため、腸の動きが悪くなります。

 

すると便が腸内に滞留してしまって便秘を引き起こし、悪玉菌を増加させることになってしまうのです。

 

善玉菌が多いと痩せやすい体質に、悪玉菌が多いと太りやすい体質になりますから、ダブルパンチでリバウンドしやすくなってしまうのです。

栄養バランスを

このように過度な食事制限は一時的に痩せはするものの、非常に高い確率でリバウンドが待っています。

 

なので多少摂取カロリーを減らすことは効果的ですが、あまり過度に制限するのはおすすめしません。さらに栄養失調状態となればお肌は荒れて最終的には体調も崩します。

 

キレイになるためのダイエットになのに肌もボロボロで、顔色真っ青の不健康状態では本末転倒ですね。その上でリバウンドなんてすれば悲劇でしかありません。あくまで健康的に痩せることを目標にしましょう。