適正体重の計算

ダイエットの目的のほとんどは細くなりたい、キレイになりたいということだと思いますが「適正体重」というのがあるのをご存知でしょうか。

 

おそらく適正体重よりも多いから痩せたいと考えてダイエットをしている方はほどんどいないと思います。一応日本医師会が健康面で理想的な体重を「適正体重」として決めており、その式が以下の通りとなります。

  • 身長(m)×身長(m)×22=適正体重

    ex)158cmの人の場合
    1.58×1.58×22=54.9kg

皆さんの場合いかがでしょうか。やってみるとわかるかもしれませんが、あまり細身とは言えない体重になるのではないでしょうか。これが一応健康的な体重とされているのです。

適正体重以下は努力が必要

ところが女性のみなさんとしては適正体重よりももう少し痩せたいと思う方も多いと思います。適正体重の式に22という固定の数値が入っていますが、これをBMI値と言います

 

もっと細くなりたいという場合はこのBMI値を20にすると一般的に細いと言われる程度の体重になるかと思います。

  • 1.58×1.58×20=49.9kg

ちなみにBIM値を20にすると「理想体重」19にすると「美容体重」と呼ばれることがありますが、人によってとらえ方が違うので何とも言えませんね。

モデルのまねはしない

現在世界的にも問題になっているのがモデルの細身化ですね。フランスでは法律によって痩せすぎているモデルの雇用が禁止されることになりました。

 

なぜならモデルのまねをして無理なダイエットをし、健康を害する女性があまりにも増えてしまったためです。

 

実際170cmで50kgというモデルは日本にも多いですが、その場合のBMI値は17で適正体重とは大きく離れています。つまり不健康な状態ということですね。

 

ダイエットにはまず目標を決めることが大切ですが、あまり無理のない健康的な目標を立てることが大切です。