なぜ太ったり痩せたりするの?

まずダイエットの根本的な部分を理解しておきましょう。人はなぜ太ったり痩せたりと体重が変わるのでしょうか。まず基本的かつ一般的な話をするなら以下の通りになります。
  • 消費カロリー<摂取カロリー=太る
  • 消費カロリー=摂取カロリー=体重変動なし
  • 消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

よく聞く話でもっともらしく聞こえますが「あの人はいくら食べても太らないのはなぜ?」という疑問が残りませんか?もちろん人によって消費カロリーが違うということもありますが、実はこの理論は微妙に表現の誤りがあるのです。

 

正しく表現するのであれば「摂取カロリー」を「吸収カロリー」に置き換える必要があります

  • 消費カロリー<吸収カロリー=太る
  • 消費カロリー=吸収カロリー=体重変動なし
  • 消費カロリー>吸収カロリー=痩せる

どういうことかというと同じ1000kcalの食事を摂取しても、500kcalしか吸収しない人と1000kcalまるまる吸収してしまう人がいるため、摂取カロリーと吸収カロリーはイコールの関係にならないんですね。

痩せるためのキホン

シンプルに言えば吸収カロリーを減らして消費カロリーを増やせば痩せることができます。世の中には様々なダイエット法が出回っていますが、突き詰めれば吸収カロリーを減らし方、消費カロリーを増やし方が少し違うだけなんですね。

 

まず吸収カロリーの減らし方でわかりやすいのは食事制限ですね。カロリーの低いものを食べたり、食事の量自体を減らす方法です。

 

次に消費カロリーの増やし方でわかりやすいのは運動ですね。運動そのものでもカロリーは消費されますが、筋肉が増えることによって基礎代謝が上がり、カロリーが消費されやすい身体になります。

腸内フローラ

では腸内フローラでのダイエットは何をするダイエットかと言うと、吸収カロリーを減らすダイエット法と言うことになります。

 

「太りやすい体質」「痩せやすい体質」の一番の違いはカロリーの吸収率で、その吸収率は腸内フローラの状態に大きく左右されることがわかってきたのです。

 

つまり腸内フローラを整えればカロリーの吸収率が落ちて「痩せやすい体質」になれる可能性があるわけです。

 

太りやすい体質のままダイエットをするというのはかなりの苦行となり、身体にも負担となります。さらにリバウンドも起こりやすいので、とにかく辛い思いをすることとなってしまうのです。

 

まずはダイエットの仕組みを理解して、効果的なダイエットを見極められるようになりましょう。