便通とお肌

便秘と肌荒れが関係しているのは皆さんご存知かと思います。まずなぜ便秘になると肌荒れが起こるのか、基本的なことからおさらいしておきましょう。

 

ウンチには悪玉菌が発生させたアンモニアやインドールなどの有害な物質が含まれており、これらの腐敗物質が匂いの原因にもなっています。

 

この有害な物質を外に出すのがウンチの働きの一つですが、便秘になると有害物質が体に残り危険な状態となります。

 

すると身体はこれらの有害物質を何とか体外に出そうと血液中に有害物質を溶かし、呼気や皮脂に混ぜて排出し始めるのです。

 

そして皮膚から毒素が出てくる際に肌荒れが起こってしまうのです。これは今までもよく言われてきた腸内とお肌の関係ですね。

腸内フローラと美肌

そしてここにきて新しく注目を集めているのが腸内フローラでイソフラボンを分解することで生まれる「エクオール」という物質です。

 

大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きを持ち、美肌の秘訣の一つであることは知っている方も多いのではないでしょうか。そのイソフラボンを超えるのがスーパーイソフラボンとも呼ばれるエクオールなのです。

 

エクオールを摂取した女性の肌のシワがどう変化するかについて調査する実験を行ったところ、目じりのシワに明らかな改善効果が見られたことがわかっています

エクオールを作れない人も

ただ実はエクオールを作れる細菌を持つ日本人は2人に1人となっており、若い方になればなるほどその割合は減っていると言われています。

 

その場合はエクオールをサプリなどで摂取する必要があるようですが、今後の研究によってはエクオールを作れる細菌そのものを摂取して住み着かせることができるようになるでしょう。

 

腸内フローラで行われている様々な活動は、あらゆる面において人間の健康や美容にかかわっているんですね。