ヨーグルトでは力不足?

腸内環境を整えるという話になると、真っ先にヨーグルトが思い浮かぶという方も多いのではないでしょうか。

 

ですが残念ながらヨーグルトでは力不足と言わざるを得ません。さらにダイエットとして腸内フローラの改善に取り組む場合には尚更お勧めできない理由もあります。

 

まず乳酸菌やビフィズス菌は生きて腸まで届いた方が有用です。ですが基本的には胃酸に強力な殺菌作用があるため、そのほとんどが死滅してしまうのです。

 

乳酸菌のような体にいい細菌もいれば、過去何千万人と死者を出したペストなども同じ細菌なので、なるべく外部からの入ってきた細菌は駆除するという働きがあるんですね。

 

そしてヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌も同じく殺菌されます。中には「生きて届く」を謳うものもありますがほんの数%で、胃酸を浴びても100%生きてられる菌は存在しないですし、あったらそれは人間にとって恐ろしいことなのです。

死んでも効果がある?

とはいえヨーグルトが何の整腸作用もないかと言うとそうでもありません。死滅した乳酸菌やビフィズス菌は腸内にいる善玉菌のエサとなるからです。

 

ヨーグルト以外の発酵食品全般にも乳酸菌がたくさんいますが、これらは死骸となって腸内細菌のエサになるという効果があるのです。

 

ですがもちろん生きて届いたほうがいいことには間違いありません。さらに善玉菌のエサとしていいのは、死んだ細菌よりも食物繊維やオリゴ糖の方で、これらは分解される際に「短鎖脂肪酸」を生み出します。

 

この短鎖脂肪酸が肥満体質やアレルギー体質の改善に効果を発揮するため、どうせなら食物繊維やオリゴ糖を摂るべきなんです。

生きて届くには?

さてヨーグルトは善玉菌のエサになりますが、同じ餌なら食物繊維やオリゴ糖の方がいいと言いました。では生きて届く善玉菌を摂る方法はないのかと言うとそうではありません。

 

それが乳酸菌やビフィズス菌のサプリです。ヨーグルトと決定的に違うのは菌がカプセルに入れられて胃酸から守られるため、非常に高い確率で生きて腸まで届くということです。

 

今のところ一般的できる方法としては、カプセルに入れて腸まで細菌を運ぶ以外確実な方法がありません。

 

ヨーグルトも食べないよりは食べたほうがもちろんいいのですが、本気で腸内フローラを改善したいならサプリなどで生きた善玉菌を摂取するべきでしょう。