善玉菌を増やす

善玉菌を増やすことができれば腸内フローラが改善されて「痩せ体質」になれるほか、免疫力アップや美肌効果も得られるため女性にとっては至れり尽くせりです。

 

ではどのようにして善玉菌を増やせばいいかと言うと、その大きく分けて2つ方法があります。

 

一つは善玉菌を生きたまま自体を自分の腸内に取り込む方法です。善玉菌などの良い働きをする最近プロバイオティクスと呼び、サプリやヨーグルトなどを摂取することがプロバイオティクスを摂取するということになります。

 

もう一つは腸内にすでにいる善玉菌にエサを与えて増殖させる方法です。プロバイオティクスのエサになるものをプレバイオティクスと呼び、善玉菌の栄養となる食物繊維やオリゴ糖がプレバイオティクスに当たります。

プロバイオティクス

一番簡単で効果的なのがプロバイオティクス、つまり善玉菌をそのまま体内に取り入れる方法です。

 

ただ注意しなければならないのは単純に乳酸菌やビフィズス菌を摂っても、腸まで生きて届く可能性は低く意味をなさないという点です。

 

そもそも細菌とは善玉菌や悪玉菌などの常に体に存在する常在菌だけでなく、過去何百万人もの命を奪ったコレラやペストも同じ細菌なのです。

 

このような非常に危険な細菌も存在しているため、胃酸に非常に強力な殺菌力を持たせて細菌をまとめて殺菌できるようできています。

 

そのため善玉菌を生きて腸まで届けるためには、胃酸で解けないようにカプセルなどに入れられた状態で取り込まれる必要があるのです。

 

乳酸菌はヨーグルトや発酵食品に含まれているものの、実はそのほとんどは胃酸によって殺菌されているということを知っておかなければなりません。

プレバイオティクス

善玉菌を摂りながらそれと同時に善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを摂るのが理想的です。

 

プレバイオティクスの代表例が食物繊維とオリゴ糖です。この二つは人間には消化できないため、そのままの状態で腸内に流れ着き善玉菌のエサとなります。

 

一方タンパク質や油分は悪玉菌のエサとなりやすいため、肉類などの偏った食事が多いと悪玉菌が増殖しやすくなってしまいます。

 

またヨーグルトなどの乳酸菌は胃酸で死滅してしまいますが、実は全く意味がないというわけではなく、死骸となっても腸内で善玉菌のエサとなることはできるのです。

 

もちろん生きて腸まで届いてくれた方がいいのですが、死んだ善玉菌もプレバイオティクスの一種と言えます。

 

善玉菌を増やしたいのであれば、まずは生きて腸まで届く善玉菌を摂取したうえで、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を意識的に摂りましょう。