腸内フローラのコラム記事一覧

腸内フローラは腸内の細菌のバランスが重要です。その理想的なバランスは善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割だと言われています。腸の状態が悪い方は悪玉菌が増えていることが多いので、できるだけ善玉菌を増やす食品を取ることを心がける必要があります。善玉菌を増やす食品はいくつかあるのですが、ビタミンCをおお含んだものがおお勧めです。ビタミンCは腸の中で善玉菌の餌になり、善玉菌を増加させる働きがあります...

花粉症を乳酸菌で改善することができると話題です。乳酸菌やビフィズス菌には、花粉症を改善する効果があり、薬に頼りたくない方や症状を緩和したい方に期待されています。花粉症で長年、悩んでいる方の多くは、クリニックに足を運んで目薬や内服薬を処方してもらい治療をしている方がほとんどです。しかし、薬の力に頼っても高い改善効果をきちんと得ることは困難です。ですが、今注目されている乳酸菌であれば、花粉症の症状を緩...

健康な人の腸は、善玉菌が悪玉菌より優勢にある状態であり、これによって腸内フローラが一定のバランスを保ち維持をされています。一方、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまっている人は、腸内腐敗が進んでいる環境になっているため、アンモニア、フェノール、インドールなど健康に有害な物質が増えてしまっています。さらに、これらの有害物質が腸管から吸収されてしまうことがあります。そのために、肝臓、心臓、腎臓などに...

人間の腸には、たくさんの細菌がありますが、まるで植物が集まっている花畑のようにイメージが出来ることから腸内フローラと呼ばれています。腸内フローラには、まず、身体に有益な善玉菌があります。悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したり、体に有用な働きをする菌としての特徴を持っています。一般的には、ビフィズス菌や乳酸桿菌が馴染みやすい菌ですが、その他には、アシドフィルス菌が代表的なものとされています...

健康や美容に関する情報の中で、最近注目されているのが腸内フローラです。いわゆる、腸内細菌叢のことで、人の腸内に生息している細菌の集まりのことです。腸内には約3万種類、1000兆個以上の細菌が住み着いており、その環境は心身の健康に大きく影響を与えていることがわかってきました。細菌によって健康や美容に与える効果は異なりますが、糖尿病やがん、肥満や美肌のほか、うつ病といった精神的な病にも腸内フローラが影...

腸内環境を整える事は美容と健康において非常に重要な事項と言えます。お腹の調子を整える為というイメージがありますが、腸内の善玉菌は排便に大きく関係しますから、便秘を解消してくれて代謝の良い身体をつくる助けとなります。逆に悪玉菌が増えてしまうと、排出が上手くコントロール出来なくなりますから、体内に老廃物が蓄積してしまい、脂肪が増えて痩せにくい体質をつくってしまうでしょう。では実際に悪玉菌を増やしてしま...

健康を考えたらしっかりと意識しておきたいのが、腸内環境です。腸内には様々な善玉菌、悪玉菌、そして善玉菌にも悪玉菌にも属さない日和見菌と、とても多くの細菌が繁殖しています。これらの腸内細菌のバランスが取れていれば、腸内は花畑のように美しい状態になります。この状態を腸内フローラと呼び、健康を意識する場合にとても重要な事と高い注目を集めています。ただ、この腸内環境が良い状態というのは、健康だけでなく、運...

アレルギー体質の改善や、病気になりにくい体づくりのためには、まず腸内環境を整えることが重要とされます。腸内環境が整っているとは、善玉菌が優位に働いていて、かつ腸内に必要な細菌がしっかり保持されている状態です。しかし、最近は腸内細菌が少なく、腸内環境が悪い人が増えているといわれています。腸内環境が悪くなってしまう原因には、不規則な生活や乱れた食生活が挙げられます。現代人は野菜が不足しがちな上に肉食に...

腸内環境が悪い状態になってしまうと、必要な分だけ自力で腸を動かすことができなくなってしまい、便秘や宿便が溜まる原因となります。腸壁に宿便が溜まると、さらに動きが悪くなり、ひどくなると自分で排便することができなくなってしまうこともある、怖い状態を招いてしまうことも。あまりひどい便秘になった場合には、病院で薬を処方してもらって排便を促すこともありますが、これは対処療法で、根本的な解決にはなりません。そ...

人間の腸の中には100兆匹以上の微生物が生息しており、総重量は実に1キログラムを超えるほどです。これらの微生物はひとくくりに腸内細菌と呼ばれていますが、実際には種類は多種多様で、腸内では花畑(フローラ)の様に広がっています。このために、これらの細菌群ことは腸内フローラと呼ばれています。腸内フローラについての研究は近年急速に進められた結果、健康を左右するうえで極めて重要な役割を担っていることが判明し...

腸内環境を整えることが、アレルギー体質や症状の改善につながることは広く知られるところですが、最近は「腸内フローラ」という言葉を耳にすることも多くなりました。腸内フローラとは、腸内に存在するウイルスやバクテリアなどのことを指します。フローラとは花畑のことで、腸内のバクテリアなど花畑のように集まっているという意味です。これまで腸内菌というと、善玉菌や悪玉菌、日和見菌などが代表的でしたが、腸の研究が進む...

ダイエットをする上では代謝を上げて、必要な栄養をしっかり吸収した上で老廃物をきちんと排出するという働きが大切になります。よくお腹だけがポッコリと出っ張っている人がいますが、これは腹部に老廃物が溜まっている証拠とも言えます。もちろん骨盤の歪みや血液の循環に問題があってこのようになっているケースも考えられますが、排出がしっかりとなされていればこうした問題も解消されます。腸内フローラというのが腸内に生息...

腸内環境が整うことで健康と美容につながるというのは、多くの人が認識していることと思います。中でも意外なのが、腸内環境とホルモンに深い関係があるという点。最近話題の「腸内フローラ」も、ホルモンと深く関係しているのだそうです。最近はうつ病など、精神的な不調について悩む人が増えていますが、その原因も腸内環境が関係しているとされています。実は腸から作られるホルモンには人間の体にとても重要なものが多く、その...

下痢になると、まずいなと思って原因を調べたり、改善策を取る人は多いですが、軟便程度だとあまり気にせずに放置してしまう人が少なくないようです。しかし、軟便も腸の悪い状態を知らせるサインかもしれません。ここで、軟便の原因と改善方法について考えてみたいと思います。そもそも便は、平均して8割近くが水分だといわれていますので、もともと柔らかいのが正常の状態です。では軟便とはどのような状態を刺すのかというと、...

腸内の細菌が種類ごとにまとまって存在している様子を腸内フローラといいますが、種類を大きく分類すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分かれます。理想的な腸内細菌の割合は、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7となっています。ただ、人によって腸内に存在している細菌の種類は異なり、食べ物や生活環境などによって割合が変化します。健康な状態ならば腸内フローラの割合が安定していて、善玉菌の活動が優勢になっていますが、...

日本は世界でも群を抜いた「アレルギー大国」と言われています。若者の血液を調べてみると、なんと約9割の方にアレルギー予備軍である数値が出ているのです。原因として考えられるのは、抗生物質などの普及による免疫力の低下や、清潔すぎる生活環境によって金に対する耐久性が少なくなっていることが考えられます。最近ではアレルギーの子供も増えており、給食での食材の制限や日常生活でも制限されていることも子供たちが多くい...

人間のからだの中の腸内では、日々様々な腸内菌が増え続けています。これらの腸内菌は、人々のからだに生理作用を及ぼします。この生理作用を及ぼすものは、腸内フローラと呼ばれ、個々の菌が集まり微生物群集となったものです。生理作用としては、免疫力を活性化したり、病原菌の悪影響を阻害する、などがあります。また、発がん物質を生産したり腸への疾患作用など、悪影響もあります。そのため、有用な菌を優勢に保つことが健康...

腸内フローラは、腸内細菌の生態系のことで、善玉菌や悪玉菌が腸内に生息をしており、お花畑のようになっているので、この呼び名が付いています。腸内の環境が悪くなって、悪玉菌が増殖すると、臭いの強いおならが出たり、口臭が強くなったり、代謝が落ちて太りやすくなります。腸内フローラを整える食べ物には、水溶性食物繊維が豊富に含まれた芋類や根菜類、緑黄色野菜、海藻類などがあるので、調理を工夫して積極的に食べるよう...

腸内フローラとは腸内に住み着いている細菌が種類ごとにまるで花畑のように密集していることからつけられた名前ですが、この状態を整えることが人間の健康に大きな影響を与えています。腸内に住み着いている細菌の中には種類があり、大きく分けて人間の健康を促進する働きをしてくれる善玉菌と人間の健康を害する働きをする悪玉菌、善玉菌と悪玉菌の優勢な方の味方をする日和見菌が住み着いています。腸内は善玉菌6:悪玉菌4の割...

腸内フローラとは、腸の中に住み着いている腸内細菌が固まって、まるで花畑のように見えることからつけられた名前です。人間の腸内に住み着いている腸内細菌は1兆個以上とも言われていて、人間の健康に大きな影響を与えています。免疫力の向上のためにも重要な役割を果たしていると言われています。免疫力を上げるために重要なのは免疫細胞です。働きが弱まってしまうとアトピーや花粉症などのアレルギー症状を発症しやすくなった...

腸内フローラとは、人間の腸の内部に生息している細菌の群れのことです。フローラとは花畑のことですが、腸に棲み付いている細菌の群れは花畑のようにもたとえられることからそう名づけられています。人間のそれぞれによって腸内フローラの様相が違っているという特色があります。腸内にある細菌の働きとしては、3種類に分類されています。一つ目が善玉菌と呼ばれる人間の体に有力な働きを持っている菌です。そしてその対極といえ...

腸内フローラと寿命は密接な関係があります。腸内フローラのバランスが悪いと、体調が悪くなり、極端な場合は癌のような深刻な病気が起こるので、寿命は短くなります。腸内フローラで大切なのは、腸に住む細菌のバランスです。理想的なバランスは2割の善玉菌、1割の悪玉菌、7割の日和見菌です。1割の悪玉菌が増加すと、体調が悪くなります。特に体の免疫と関係があって、体の免疫を担当している善玉菌が少なくなるので、病気に...

腸内フローラは善玉菌と悪玉菌の両方の菌群を指します。腸は第二の脳と言われるくらい神経細胞が沢山ある場所です。そして免疫細胞もあります。風邪などの病原体が侵入すると免疫細胞が退治してくれます。しかし悪玉菌が多いと退治できずに風邪になってしまいます。風邪だけでなく、花粉症やアトピー、大腸がん、ウイルス感染などさまざまな病気を引き起こします。善玉菌を増やして免疫細胞を活発化させ、病原体に強い状態にしたい...

腸内フローラとは腸の中に住んでいる細菌のバランスのことで、理想的なバランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割だと言われています。このバランスが崩れて、悪玉菌が増えると体に古い影響がいろいろ出てきます。その一つの例はお肌の状態で、肌の艶が悪くなり、吹き出物やニキビができたりして、老けた感じになってしまいます。反対に善玉菌の方が多いとお肌は生き生きとして、年齢よりも若く見られることがあります。お肌...