腸内フローラはダイエットに有効

ダイエットしてもなかなか痩せない!せっかく痩せられてもリバウンドしてしまう!という太りやすい体質の方がいる一方で、好きなものを食べてるのにもかかわらず全く太らない体質の方もいます。

 

今までこのような「肥満体質」「痩せ体質」は遺伝だと言われてきましたが、最近になって腸内フローラの環境、つまり腸内細菌が体質に大きく影響していることがわかってきました

 

アメリカの名門ワシントン大学で太った人の腸内細菌と痩せている人の腸内細菌をそれぞれ別のマウスに移植するという実験が行われました。

 

その結果同じ餌を同じ量食べているのにもかかわらず、太った人の腸内細菌を移植されたマウスのみ脂肪が増えていくことがわかったのです。

 

つまり今まで太りやすい体質だった人は、腸内環境を改善すれば「太りにくい体質」に変えることができるということです。これをダイエットに使わない手はありません。

腸内フローラダイエットのメリット

腸内フローラを利用したダイエットのメリットは何と言っても太りやすい体質を変えられることにあります。

 

体質が変わればダイエットでがんばった分しっかり痩せることができますし、リバウンドしにくくなるという効果もあります。

 

今までダイエットに苦労してきた方もいるかもしれませんが、肥満体質のままダイエットをするというのはまさに苦行

 

ダイエットはカロリーを減らしたり運動を増やす前に、まずは腸内フローラの改善から始めるべきだったんですね。

腸内フローラを改善する

腸内フローラを改善するのに一番簡単で効果的なのがは善玉菌を摂取すること。乳酸菌やビフィズス菌を食べて増やすということです。

 

と言っても発酵食品などを普通に食べるだけでは、ほとんどの菌は胃酸によって死滅してしまうというのは有名な話。

 

そのため善玉菌に関しては意図的に「生きて腸まで届く」ように工夫された形で摂取する必要があるのです。

善玉菌を増やすサプリを活用

善玉菌を生きて腸まで届かせるためには、胃酸から善玉菌を守り腸内で解放されるカプセルの技術が必須となります。そのためおすすめなのが善玉菌を補給してくれるサプリです。

 

ヨーグルトなどにも乳酸菌は含まれているのですが、実際は胃酸の強力な殺菌力によってほとんどが死滅してしまいます。

 

また毎日善玉菌を摂り続けることが必要となりますが、ヨーグルトの場合は糖が多く含まれるため摂取カロリーが増えてしまうのでダイエットを目的とすると相性がよくありません。

 

そのため低カロリーかつ善玉菌が生きて届く善玉菌サプリがおすすめなのですが、個人的に一番オススメなのが乳酸菌革命というサプリ。

乳酸菌革命

価格 2.880円(税込)
内容量 30日分(60粒)
摂れる菌種

16種

何がおすすめかというと、配合している乳酸菌の種類16種と非常に多い点です。というのも人にそれぞれ腸内環境は千差万別で、その人に合う乳酸菌と合わない乳酸菌が存在します。

 

そのため乳酸菌を摂取する際はその量以上に、たくさんの種類を摂取することが重要視されます。テレビで取り上げられる乳酸菌が必ずしも自分の腸で機能してくれるとは限らないのです。

 

その点において他の乳酸菌サプリと比較しても乳酸菌の配合種類は乳酸菌革命が一番多く、様々な菌と触れることができるため個人的には非常におすすめ。

 

もし別の善玉菌サプリを選ぶにしても、配合量より配合種類の多さに注目して選ぶべきでしょう。

 

>>乳酸菌革命を見てみる

食物繊維を摂る

サプリで乳酸菌を増やしたら、その分乳酸菌のエサとなる食物繊維を摂るようにしましょう。菌も生き物なので餌が必要になるわけですが、この餌が不足するとせっかく増えた善玉菌が餓死してしまいます。
食物繊維の摂り方は人それぞれ摂りやすい形でいいかと思いますが、ダイエットが目的なら野菜類から摂るのがベスト。

 

野菜類はカロリーが少ない上に食物繊維が多く、さらに炭水化物や脂質を食べる前に野菜を食べると、胃の中で炭水化物や脂質の吸収を抑えてくれる働きがあることでも有名。

 

腸内フローラダイエットにおいて野菜を食べることは一石二鳥にも三鳥にもなるんですね。

ダイエットのも要性

サプリによって善玉菌優勢の良好な腸内フローラの状態となり「痩せ体質」に近づくわけですが、腸内フローラの改善だけで体重が落ちるわけではありません

 

もちろん人によっては自然と体重が落ちる場合があるでしょうが、ついてしまった脂肪を落とすにはある程度努力が必要となります。

 

ただ今までとは違い努力した分だけ痩せることができる体質になっているため効果が見えやすく、さらに大切なのがリバウンドもしずらくなる点です。

ダイエットのキホン

ダイエットの基本といえば「摂取cal−消費cal」ですがこれは正しくありません。同じものを食べているのに太る人とそうでない人がいるのは、摂取したカロリーすべてが吸収されているわけではないから。

 

正しく言えば「吸収cal−消費cal」です。そして腸内フローラを改善することによって同じものを食べても吸収されるカロリーが減ります。これがいわゆる痩せ体質ですね。

 

ただ吸収カロリーは自分でコントロールできませんし数値化することもできないので、ダイエット時には便宜上摂取カロリーと表現することが多いのです。

 

細かい話になりましたが、つまりダイエットとは「吸収カロリーの量」と「消費カロリーの量」で決まります。この2つをどうコントロールしていくかがダイエットなわけです。

吸収カロリーを減らす

先程も触れましたが摂取したカロリーすべてを吸収してしまうのが肥満体質の特徴ですが、それは腸内フローラの改善によってヤセ体質に近づくことができます。なのでダイエットを始める際に一番最初にやるべきなのが腸内フローラの改善です。

 

そしたら次は摂取カロリーを減らしていきます。どれくらい減らすかはどの程度のスピードで痩せたいかによりますが、おすすめは炭水化物の代わりにサラダを食べる方法。

 

野菜は低カロリーな上に食物繊維が豊富で、善玉菌を元気にしてくれる効果と糖質・脂質の吸収を抑える効果があります。

 

太る原因は脂質より糖質。つまり肉や魚よりパンやご飯なのです。腸内フローラを改善し、炭水化物の代わりにサラダを食べることで吸収カロリーを減らしましょう!

消費カロリーを増やす

ダイエットのもう一つの肝は消費カロリーの増加ですね。ただここで注意すべきは有酸素運動で消費カロリーを増やそうとしないこと

 

有酸素運動とはウォーキングやジョギング、スイミングやバイクなどです。ダイエットと言えばこれらの運動を思い浮かべる方が多いですがこれはあまり効率的ではありません。

 

というのもジョギング30分でおにぎり1個分のカロリーしか消費できません。それでもやる理由はボクサーなどが3日後までに2kg減量しなければいけないなど、期間が非常に短いときに限られます。

 

つまり有酸素運動でのダイエットというのは手軽に見えて実はかなりアスリート向けの方法なんですね。

 

一般人が本当にやるべきは無酸素運動で、いわゆる筋トレです。筋量が増えると基礎代謝といって、ただ生活しているだけで消費されるカロリーを増やすことができます。

 

基礎代謝が増えればダイエット後のリバウンドも防げますし、さらにただ単に細い体ではなく引き締まった体になります。

 

筋トレ自体の消費カロリーは有酸素運動に劣りますが、自宅でもできるので継続が容易なのもポイント。ダイエットで有名なライザップも無酸素運動が中心だったりします。

トレーニング内容

基礎代謝をアップさせるためにはなるべく大きな筋肉を鍛えることが重要です。重要度順に並べると以下の通り。

  1. お尻と太もも
  2. 背筋
  3. 胸筋
  4. 腹筋
  5. その他

ダイエットと言えば腹筋というイメージがあるかもしれませんが、優先順位で言えば実はそんなに高くありません。

 

個人的には以下の動画が一番オススメで、胸筋以外の筋肉はかなり鍛えられるかと思うので参考にしてみてください。

ちなみに筋トレすると筋肉が発達して太くなることを心配する方がいらっしゃいますが、女性であればトップアスリートレベルのトレーニングを課さない限り太くなるほどの発達はしないので大丈夫です。

まとめ

腸内フローラダイエットは腸内フローラを整えることで吸収カロリーを減らしてヤセ体質にしてから、一般的なダイエットを行う方法です。

 

ヤセ体質になってからダイエットを始めれば炭水化物を少し我慢するだけで、また少し筋トレするだけで簡単に体重が落ちるようになります。

 

肥満体質のままのダイエットの苦しさから比べれば相当楽になるはず。是非腸内フローラを整えてから効率的にダイエットに取り組んで頂きたいです。

 

>>腸内フローラを整える

 

詳しく腸内フローラダイエットを知りたい方へ

ここから先は腸内フローラとダイエットの関係についてもっと詳しく知りたい方向けで、実生活やダイエットに役立つ情報ではありませんので読まなくても問題ありません。

 

さて冒頭で腸内フローラが善玉菌優勢だと痩せ体質に、悪玉菌優勢だと太りやすい体質になると言いましたが、実はやせる菌と太る菌の正体はある程度わかってきています。

 

まずヤセ菌は「バクテロイデス属」の菌ということがわかっています。そしてデブ菌は「ファーミキューテス門」の菌です。ではバクテロイデス菌をたくさん食べればダイエットになるかと言うとそうではありません。

 

バクテロイデスもファーミキューテスも日和見菌と言って、腸内フローラの状態によって働き方が変わる菌です。

 

セ菌のバクテロイデスは善玉菌優勢だと活発に、デブ菌のファーミキューテスは悪玉菌優勢だと活発になる特性があるため、腸内フローラの状態が非常に重要なのです。

 

善玉菌を増やしたりエサを与えるとダイエットになるのは、このような理由があるからなんですね。

短鎖脂肪酸

では実際ヤセ菌がどのように身体に働きかけてくれるかと言うと、ポイントは短鎖脂肪酸と言う物質です。

 

ヤセ菌が活性化するとオリゴ糖などの善玉菌のエサを分解する際に短鎖脂肪酸を出しますが、この短鎖脂肪酸は脂肪細胞が脂肪をため込むのを阻害する働きがあります

 

ちなみに以前お酢ダイエットが流行りましたが、お酢も短鎖脂肪酸を多く含みます。ただ点滴のように常に飲み続けなければ効果を発揮してくれないので、体内で短鎖脂肪酸を作り続けられることが非常に重要なんです。

 

つまりまとめますと以下のようになるわけですね。

  1. 腸内フローラを整える
  2. 日和見菌のバクテロイデスが活性化
  3. バクテロイデスが短鎖脂肪酸を生成
  4. 短鎖脂肪酸が脂肪細胞の肥大化を抑制
  5. 痩せやすい体質になる
  6. ダイエットした分だけ体重が落ちる
  7. さらに体質が変わりリバウンドしづらい

くどくどと説明しましたが腸内フローラを整えればダイエットに非常に効果的と言うことですね!(笑)

 

是非皆さんも腸内フローラダイエットに取り組んでいただきたいと思います。
>>腸内フローラを整える